「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

ブルーモーメントロケ地気象研究所はどこ?自宅など撮影場所や目撃情報も調査!

ブルーモーメントロケ地気象研究所はどこ?自宅など撮影場所や目撃情報も調査!

この記事では4月スタートのドラマ『ブルーモーメント』のロケ地の気象研究所はどこか、自宅や撮影場所などについてまとめています。

どこで撮影しているか、撮影の目撃情報なども調査してみました!

『ブルーモーメント』の主演は山下智久さんで、フジテレビのドラマでは『コードブルー』以来の出演です。

これには「待っていました!」という方も多いのではないでしょうか。

人気漫画が原作ということで、ドラマがどんな風に描かれていくかも注目ですね。

『ブルーモーメント』のロケ地となる気象研究所はどこなのか、自宅などの撮影場所や目撃情報まで、是非こちらでチェックしてみてくださいね!

出演するキャスト陣も豪華メンバーばかりなので、楽しみですよね♪

 

ブルーモーメントロケ地気象研究所はどこ?

『ブルーモーメント』のロケ地と予想される気象研究所は、『茨木県つくば市』にあります。

主人公、晴原柑九朗(山下智久)は気象庁気象研究所の研究員という役柄です。

今回のドラマの撮影では、気象庁だけでなく、各省庁も撮影協力に入っています。

  • 気象庁
  • 国土交通省
  • 東京消防庁

気象庁は、実際の気象研究所が撮影に使用される可能性が高いのではないでしょうか。

つくば市の気象研究所は、スーパーコンピューターや気象レーダーなどいくつかの施設があり、敷地も広く桜並木も美しいです。

気象災害に関する資料提供を行い、撮影協力も行うそうなので外観や中の施設、周辺での撮影が行われるのではないでしょうか。

また、設備の中にはフェーズドアレイレーダーという最新鋭の気象レーダーがドラマに登場する可能性もあります。

ドラマでは救助のシーンも重要になりそうなので、東京消防庁の撮影協力も欠かせないですよね!

消防庁内でも会議など白熱したシーンで登場しそうです。

国土交通省からは車両協力が得られるそうですが、災害現場でどんな車両が出てくるのかマニアにはたまらないですね。

 

ブルーモーメントロケ地自宅など撮影場所は?

『ブルーモーメント』の撮影は、公式Xによると2月17日にクランクインだったようです。

20日にはキャストの山下智久さんや出口夏希さんが、雪山で撮影する様子がめざましテレビで放映されました。

主人公、晴原柑九朗は過去に妻と子どもを災害で亡くすという過去を持っています。

自宅については、家族と暮らしていた家に住み続けているのか、または引っ越しをして一人で暮らしているの可能性もありますね。

撮影場所は、まだはっきりとわかりませんが、漫画で描かれている内容や撮影協力の情報などからロケ地を予想していきます。

現在、予想されるロケ地は、晴原柑九朗が関係する気象庁気象研究所や、フジテレビ湾岸スタジオですが、その他にもロケ地として候補となりそうな場所をまとめてみました。

 

ブルーモーメントロケ地予想:晴原柑九朗の自宅

  • 高商スタジオ上野毛マンション

晴原柑九朗は、気象研究所に所属しながらお天気ニュースの気象予報士としてテレビに出演しています。

また、命がけで災害救助にあたるSDM本部(特別災害対策本部)のメンバーとしても活動します。

仕事に重点をおいた生活であるため、一人暮らし用のマンションに住んでいるのではないでしょうか。

テレビにも出ている有名人でもあるため、それなりの高級マンションに住んでいると思われます。

ロケ地に使われそうなマンションを探してみましたところ、2023年春ドラマ『わたしのお嫁くん』で使用されていた、高商スタジオ上野毛マンションもイメージに合いそうです。

ロケ地がわかりましたら情報を更新しますね。

 

ブルーモーメントロケ地予想:フジテレビ湾岸スタジオ

主人公、晴原柑九朗は、ニュースのお天気コーナーの気象予報士としてテレビに出演しています。

その際のスタジオとしてフジテレビのスタジオが使用されるのではないでしょうか。

また、原作漫画によると、晴原柑九朗は新卒でテレビ局に入社するという経緯を持っていますので、過去のシーンとしても使用されるかもしれませんね。

 

ブルーモーメントロケ地予想:晴原柑九朗の大学

  • 東京大学

漫画『ブルーモーメント』では、晴原柑九朗が学生の頃に気象学を学ぶきっかけとなる場面が描かれています。

亡くなった妻との思い出のシーンもあるので、ドラマでもその様子が描かれるのではないでしょうか。

晴原柑九朗は、「気象学の天才」「頭脳明晰」と言われる人物ですので、東大のキャンパスでの撮影の可能性もあるのではないかと予想します。

東京大学は、ドラマ『ドラゴン桜』『隠蔽捜査』などの撮影で使用されています。

 

ブルーモーメントロケ地予想:晴原柑九朗の研究室

  • 気象庁気象研究所

晴原柑九朗は気象研究所の研究員で、漫画では自分の研究室を持っています。

ドラマでも研究室でのシーンがあるのではないでしょうか。

また、リアルな描写にするために、実際に気象研究所の研究室が使われると予想します。

 

ブルーモーメントロケ地【確定!】:災害救助に向かう雪山

災害現場での救助のシーンはこちらの場所で行われました。

  • エンリゾート・グランデコに隣接する「スノーアクティビティパーク」

フジテレビ番組内で、山下智久さんや出口夏希さんが『ブルーモーメント』の撮影を雪山で行う様子も放送されました。

漫画でも、雪山で雪崩が起きて登山者が巻き込まれる場面があります。

SDM(特別災害対策本部)のメンバーとして晴原柑九朗が救助へ向かうというストーリーです。

漫画では富士山や北海道の羊蹄山が登場していますが、ドラマではどんなシーンとなっているのか気になりますね。

 

ブルーモーメントロケ地予想:SDM特別災害対策本部

  • 東京消防庁

晴原柑九朗はSDM本部(特別災害対策本部)のメンバーであり、緊急時には人命救助に奮闘します。

漫画の中では、SDM本部(特別災害対策本部)は多発する自然災害において、人的被害の拡大を防ぐために内閣直属のチームとして設置されるとされています。

こちらは国の機関というイメージがあるので、撮影協力をしている東京消防庁が撮影場所に使われるのではないかと予想します。

 

ブルーモーメントロケ地目撃情報も調査!

2月17日にクランクインした『ブルーモーメント』ですが、目撃情報をSNS等で調査してみましたが、見つけられませんでした。

まだ撮影が始まったばかりなので、これから情報が上がってくるかもしれません!

新しい情報が入り次第追記していきますね。

撮影場所になる可能性のありそうなつくば市の気象庁気象研究所をに注目していると、キャストの皆さんを目撃できるかもしれませんね♪

続いてエキストラについての情報も調べてみました。

 

ブルーモーメントエキストラ募集ある?

ドラマ『ブルーモーメント』のエキストラ情報を調べてみたところ、フジテレビなどからはまだ応募はないようでした。

ですが、撮影期間はまだ続きますので、エキストラに応募するチャンスはありそうです。

エキストラに参加するには一般的に次のような方法があります。

  • テレビ局からの案内に応募する
  • エキストラ派遣会社に登録する
  • エキストラ専門の事務所に所属する

フジテレビ制作のドラマは、「フジテレビクラブ」でエキストラを募集することがあります。

また、「CASTY」というエキストラ派遣会社でも案内がある可能性がありますので、それぞれについて次でまとめておきます。

 

ブルーモーメントエキストラ:フジテレビクラブ

2023年の夏ドラマ『真夏のシンデレラ』では、「フジテレビクラブ」からエキストラの募集があったようです。

「フジテレビクラブ」は年会費・入会金無料で登録可能です。

登録をすると、以下のような案内を受け取ることができます。

  • 番組観覧
  • エキストラ
  • 会員特典割引
  • 会員限定イベント

エキストラの案内は毎回あるわけではありませんが、参加できる可能性は高くなりそうですね。

「会員特典割引」はフジテレビ社内や指定のホテル・レストランなどで割引が受けられるというものです。

お得感がありますね!

 

ブルーモーメントエキストラ:CASTY

「CASTY」はエキストラ派遣会社です。

『真夏のシンデレラ』では「CASTY」でもエキストラの募集があったようです。

「CASTY」も登録制となっており、登録にはZOOMでの面接と登録料3,000円が必要となります。

こちらはお仕事の紹介もあり、ご興味のある方は参考になれば幸いです。

『ブルーモーメント』のエキストラ情報がありましたら、追記していきますね。

 

まとめ

ここまで、『ブルーモーメント』のロケ地となる気象研究所はどこか、主人公の自宅や撮影場所、目撃情報についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

撮影が順調に進み、放送開始となるのが楽しみですね!

『ブルーモーメント』は自然災害とどう対峙していくのかを描いた、新しい世界観のドラマとなっています。

実生活にも近い問題でもあり、ストーリーも興味が沸きますね。

『ブルーモーメント』のロケ地の気象研究所はどこか、またその様子やロケ地となる自宅や撮影場所なども追っていきながら、ドラマを楽しみに待ちましょう♪

撮影の目撃情報なども是非またチェックしてみてくださいね!

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント