「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

ブルーモーメントキャスト相関図一覧!登場人物の漫画との違いを画像で比較

ブルーモーメントキャスト相関図一覧!登場人物の漫画との違いを画像で比較

小沢かなさんの大人気漫画『ブルーモーメント』がテレビドラマ化され、2024年4月から水10ドラマ(毎週水曜・22時~22時54分)としてフジテレビで放送が開始されます。

『ブルーモーメント』は、2018年11月27日から「COMIC BRIDGE」(KADOKAWA)で連載中の同名コミックが原作です。

現在単行本は現在2巻まで発刊されていて、電子コミックスでの配信もされています。

以前から映像化が強く待ち望まれてきた人気作品で、原作ファンにとって待ちに待ったドラマ化です!

漫画のドラマ化で気になるのはキャストや相関図一覧ではないでしょうか?

また、原作漫画とドラマで、登場人物に違いがあるのかも気になりますね。

それらを画像付きでご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

今回は、2023年4月スタートの新ドラマ『ブルーモーメント』について、キャスト相関図の一覧や、登場人物の漫画との違いを画像付きでご紹介します。

 

ブルーモーメントキャスト相関図一覧

今回ドラマ化される『ブルーモーメント』のキャストは現在4名発表されています。

  • 晴原柑九朗(はるはらかんくろう)役/山下智久
  • 雲田彩(くもたあや)役/出口夏希
  • 園部優吾(そのべゆうご)役/水上恒司
  • 汐見早霧(しおみさぎり)役/夏帆

気象庁気象研究所の研究官/SDM本部(特別災害対策本部)のチーフである晴原柑九朗を山下智久さんが演じます。

山下さんがフジテレビ系ドラマに出演されるのは、大ヒットドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』以来7年ぶりです。

民放ドラマへの出演は5年ぶりであるため、ファンの喜びの声は大きく、期待が高まっています。

また、『ブルーモーメント』のドラマ出演に対して「1センチ、1ミリ、1秒にこだわり、真摯に向き合っていきたい。」と語った山下さん。

その強い思いがどのようにドラマで表現されるのか楽しみですね♪

2024年2月17日にクランクインしているため、追加キャストも続々と発表されるかと思います。

キャストが発表され次第、随時更新していきます!

 

基本情報

  • 放送日時:2024年4月スタート 毎週水曜日22:00~22:54
  • 放送局:フジテレビ
  • 原作:小沢かな『BLUE MOMENT』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA)
  • 脚本:浜田秀哉(『イチケイのカラス』『絶対零度』)
  • 音楽:佐藤直紀(『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『海猿』『ゴジラ-1.0』)
  • プロデュース:高田雄貴(『イチケイのカラス)』『刑事ゆがみ』)
  • プロデュース:栗原彩乃(『PICU 小児集中治療室スペシャル2024』『ナンバMG5』)
  • 制作著作:フジテレビ

 

あらすじ

気象災害によって脅かされる命を守るため、知恵と知識を駆使し救助に立ち向かうSDM本部メンバーの奮闘物語。

SDM本部とは、特別災害対策本部のことで、自然災害において対応の遅れによる人的被害の拡大を防ぐため、内閣府直属のチームとして設置された組織である。

主人公の晴原柑九朗は、気象庁気象研究所の研究官。

その端正な顔立ちと爽やかな笑顔から”雲王子”と呼ばれ、報道番組のお天気コーナーにも出演するも、SDM本部で災害現場の最前線で奮闘するという別の顔があった。

気象学の天才であり、どんな状況でも一手先を読む力を持つ晴原であったが、口が悪く周囲からたびたび反感を買ってしまう。

チームメンバーは徐々に晴原の人命救助に対する熱い思いや姿勢に気付き、共に最強のチームを作り上げていく。

一方で晴原は、“気象学で命を救う”ことを志した理由である最愛の人の死について、その謎を追い続けている。

そこにストーリー最大の謎があり、その謎はドラマを通して描かれていく。

 

みどころ

タイトルの『ブルーモーメント』とは、日没後や日の出前の空が薄明るい時間帯、薄明やトワイライトと呼ばれる時に起こる現象です。

夕焼けの後や夜明けの前のわずかな時間に、辺り一面が濃い青い光に包まれることを言います。

これは日本では10分程度しか見られませんが、ブルーモーメントを見られることを「いつもと変わらない朝を無事に迎えられること」とし、タイトルになっています。

原作の漫画家小沢かなさんは、青い空好きが高じて、自家用操縦士(上級滑空機)の資格を取得するほどで、数々の空に関する作品を手がけています。

『ブルーモーメント』の現象がストーリーの中でどのように描かれるのか注目です!

 

ブルーモーメントキャスト登場人物の漫画との違いを画像で比較

2023年12月、現在で発表されているキャストは1名のみでした。

原作の役柄や真剣な表情も、以前『コード・ブルー』で患者の命を救う医師役を演じていた山下さんそのものではないでしょうか?

プロデューサーの高田雄貴さんも、「実写化するなら山下さん以外いない」「命を救う役が日本トップレベルにハマる」と仰っています。

また、内面についても非常に芯の強いキャラクターであることから、ストイックな山下さんに似ているとか。

ビジュアルのみならず内面まで似ているとなれば、原作ファンの皆さんも納得のキャスティングではないでしょうか?

チームのメンバーもどのような方がキャスティングされるのか、今後の情報更新を楽しみにしていてください!

今回は原作漫画に登場するキャラクターも一緒にご紹介しますので、参考にしてください。

 

晴原柑九郎(はるはらかんくろう)役/山下智久

  • 気象庁気象研究所所属の研究官
  • SDM本部(特別災害対策本部)のチーフ
  • 最愛の人を亡くしている

 

山下智久(やましたともひさ)プロフィール

  • 名前:山下智久(やましたともひさ)
  • 生年月日:1985年4月9日
  • 血液型:A型
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 所属事務所:HIGH HOPE ENTERTAINMENT
  • 代表作:ドラマ『野ブタ。をプロデュース』(2005年)、ドラマ『クロサギ』(2006年)、ドラマ『プロポーズ大作戦』(2007年)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年)、ドラマ『インハンド』(2019年)他

 

雲田彩(くもたあや)役/出口夏希

  • 晴原の研究助手
  • 帰国子女で中国語が堪能(原作は英語が堪能)
  • 仕事ができるが組織に向かない性格

 

出口夏希(でぐちなつき)プロフィール

  • 名前:出口夏希(でぐちなつき)
  • 生年月日:2001年10月4日
  • 血液型:O型
  • 出身地:中国
  • 所属事務所:インセント
  • 代表作:ドラマ『ココア』(2019年)、ドラマ『コタローは1人暮らし』(2021年)、ドラマ『アオハライド』(2023年〜2024年)、ドラマ『君が心をくれたから』(2024年)他

 

園部優吾(そのべゆうご)役/水上恒司

  • 東京消防庁消防救助機動部隊に所属する優秀なレスキュー隊員
  • 晴原の亡き婚約者のいとこ
  • 晴原に強い対抗心を抱いている

 

水上恒司(みずかみこうし)プロフィール

  • 名前:水上恒司(みずかみこうし)
  • 生年月日:1999年5月12日
  • 血液型:O型
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 所属事務所:合同会社HAKU(業務提携)
  • 代表作:ドラマ『中学聖日記』(2018年)、映画『弥生、三月-君を愛した30年-』、『望み』、『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』(2020年)、映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(2023年)他

 

汐見早霧(しおみさぎり)役/夏帆

  • ドラマのオリジナルキャラクター
  • 病院内で起きた出来事をきっかけにメスを握れなくなった天才脳外科医
  • 総合診療科への異動後にSDMに派遣される

 

夏帆(かほ)プロフィール

  • 名前:夏帆(かほ)
  • 生年月日:1991年6月30日
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
  • 代表作:映画『海街diary』(2015年)、映画『ピンクとグレー』(2016年)、ドラマ『silent』(2022年)、ドラマ『ブラッシュアップライフ』(2023年)他

現在分かっているキャストは4名のみですが、今後もチームメンバーが随時発表されると思います。

最新情報は、番組の公式ホームページやX(旧Twitter)をチェックしてみてください!

 

まとめ

今回は、新ドラマ『ブルーモーメント』について、キャスト相関図一覧や、登場人物の漫画との違いを画像付きでご紹介してきました。

原作ファンの方は、キャストが誰になったのか見ていただけましたか?

画像付きのプロフィールも見ていただくと、ドラマへのイメージがもっと湧きやすいと思います。

まだ原作を読んだことのない方は、ドラマ放送までにお読みいただき、相関図一覧や登場人物の予習に役立ててください♪

『ブルーモーメント』は2024年4月から、フジテレビで水10ドラマとして放送されます。

ドラマ化ということで、原作漫画との違いも楽しめるのではないでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント