「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

院内警察は実在するの?院内交番がある病院やなる方法と実際の仕事内容も詳しく解説

フジテレビ金曜9時ドラマ『院内警察』が2024年1月から放送が開始されましたね。

桐谷健太さんと瀬戸康史さんの主演二人が織りなす院内での刑事×医療エンターテインメントが早速話題になっているようですよ。

ですが皆さんの中に「院内警察」という言葉に聞き馴染みがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に院内交番が実在しているのか、フィクションなのか未だわからない方もいると思います。

もし院内警察が存在するのであれば、院内交番がある病院はどこなのかも気になりますよね。

ドラマには描かれていない詳しい仕事内容や院内警察になる方などもあるかもしれません。

そこで今回は院内警察は実在するのか、もし存在するなら院内交番がある病院はどこにあるのかを紹介していきます。

後半には院内警察になる方法と実際の仕事内容も詳しく解説していきますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

院内警察は実在するの?

院内警察は本当に実在します。

今回のドラマで主演の桐谷さんは「院内警察」という場所で勤務をしていますが、一般的には「院内交番」と呼ばれることもあるそうです。

院内警察は病院内の安全を守るための活動を行なっていて、窃盗やセクハラなど様々なトラブルに対して解決・対処を担う民間組織の名称です。

『院内警察』ドラマ内では主人公たちが警察官と同等の権限を持っていますが、あくまで民間組織のため、実際の権限は限られていて装備もさほど持っていないようです。

ドラマと現実の院内警察には少しギャップがあるのかもしれませんね。

 

院内警察が実在する院内交番がある病院は?

院内警察や院内交番がある病院は日本国内に8,200施設ほどあります。

文字だけ見ると多いようにも感じますが、日本には医療施設が179,090施設もあるため国内にある病院の0.03%ほどしか設置されていないようです。

院内警察という言葉すら今回のドラマで初めて知るという方も少なくないのではないでしょうか。

東京などの都市や大病院に設置されることが多いようなので、そこで院内警察の存在意義が証明されていけば今後全国の病院に広まっていくのかもしれませんね。

すでに院内警察が設置されている病院についていくつか紹介します。

 

院内警察が実在する病院①東京慈恵会医科大学附属病院

この東京慈恵会医科大学附属病院は2004年に初めて院内交番を設置した病院です。

実はこの病院は2002年に医療過誤事件を起こしており、ニュースになりました。

表面上ではわからないような院内のクレームや患者からの暴力があったようで改善が求められていたようです。

事件発覚以降、病院内での患者に安心な療養をと提供していくために院内警察を作るという形を選んだそうです。

ここでの院内警察が院内の安全に貢献していったため、その他の病院でも院内警察が取り入れられるようになっていたのでしょうね。

 

院内警察が実在する病院②東京山手メディカルセンター

東京山手マディカルセンターでは平成30年4月1日より院内ポリス(警察官OB)を設置することを公表しています。

この病院は418章の総合病院で22の診療科が協力して病院を運営している大きな病院の一つです。

暴力や暴言から患者さんを守り、安全安心な療養環境を提供するために専任の院内ポリスを設置することを決めたそうです。

院内警察は1階総合医療相談センターの一部にん設置されるということで、患者が相談しやすい院内を実現できるよう取り組んでいるように感じますね。

 

院内警察は実在なる方法はどうしたらいい?

院内警察になるには警察官になるか警備員になるという方法があります。

基本的には院内警察や院内交番は警察OBで構成されているそうです。

そのため、年齢層も高めなことがほとんどで今回のドラマに登場する桐谷さんのような若い方は珍しいそうです。

警備員になり院内警察として働くには専門的な訓練を受けるケースもあるようで、高度な警備業務や緊急対応が求められることがあります。

先ほど紹介した慈恵医大の院内警察の初期メンバーの中に内昭光氏という方がいます。

彼は元警視庁刑事捜査第一課管理官という経歴の持ち主で、病院内で起きた「青戸事件」後に、病院から「職員の安全を守ってほしい」との要請があり慈恵大学渉外室顧問として働いていたようです。

警察官と警備員のどちらになるにせよ病院内の安全を確実に守るための知識や訓練は必須ということですね。

 

院内警察は実在し実際の仕事内容は?

院内警察に実際の仕事内容は大きく分けて5つあります。

  1. 病院内の巡回・パトロール
  2. 病院施設の警備
  3. 緊急時事態対応
  4. 警察機関との連携
  5. 患者・来院者へのサポート

院内警察は病院の大きさや専門によって業務ないように違いはあるようですが基本的には上記の5つが主な仕事になっているようです。

病院は私たちが想像しているよりも無防備で事件が起こりやすいそう。

患者、病院関係者、患者家族、清掃員や院内施設職員など毎日多くの人が病院を訪れます。

こうした人々を安全な状態にしておくための一つ一つの仕事について深掘りしてみましょう。

 

院内警察の仕事内容:病院内の巡回・パトロール

院内警察の仕事として最も私たちがイメージしやすいのが病院内の巡回・パトロールですよね。

院内警察は病院内を定期的に巡回し、安全・治安の維持に貢献しています。

細かいものだと、不審者のとりしまりや異常な行動をする人物の監視、セキュリティシステムの確認などを行なっているようです。

私たちが何気なく見ていた病院内の警備員は、もしかすると院内警察だったなんてこともありそうですね。

 

院内警察の仕事内容:病院施設の警備

病院施設内の重要箇所や重要エリアを警備するのも院内警察の仕事です。

皆さんも一度は病院の入り口に立つ警備員を見たことがあるのではないでしょうか。

院内警察と警備員の違いは一般の方にはわかりにくいと思います。

 

院内警察の仕事内容:緊急事態対応

最も院内警察が求められるケースは緊急事態発生時ですよね。

院内警察は緊急事態が起きても対処できるよう、事前に訓練を受けているそうです。

警察OBが院内警察の大半を占めているということですから、緊急事態の対応を安心して任せられますね。

突発的に起こる事件や事故に対応するのはもちろんですが、危険な患者や暴力的な行動をとる人物への対応も行なっています。

精神科で働いている看護師などは、暴力的になってしまう患者を対応していると恐怖を感じる瞬間があるそうです。

そんな時に隣に暴力的な人物への対応に慣れている人がいるだけで安心感は増大ですね。

 

院内警察の仕事内容:警察機関との連携

院内で事件や緊急事態が発生した場合、院内警察は必要に応じて地方の警察と連携して対応を行います。

例えば、院内に不審者が侵入しそれを院内警察が捉えていた場合、地方警察に逮捕・身柄の引き渡しを行うことがあります。

その過程の詳細情報などを警察に伝えて捜査の協力などもしているようです。

何かあったときに、院内に訓練を受けた人がいるというだけで事件の捜査から解決までがスムーズに進むようになるんですね。

 

院内警察の仕事内容:患者・来院者へのサポート

患者・来院者へのサポートも院内警察の大事な仕事となります。

院内で起こる事件は不法侵入者や内部の問題の解決など大きな問題を扱うこともあるようですが、基本的には患者や来院者のサポートの仕事が多いようです。

例えば、迷子の子供がいた場合の対処や高齢者の院内移動の手助けなどがあります。

意外にも貴重品の紛失時の対応も行なっているようで、本当に交番のような役割を果たしているんですね。

 

まとめ

今回は院内警察は実在するのか、実在するなら院内交番がある病院はどこで、院内警察になる方法と実際の仕事内容についても紹介してきました。

今回の記事を読んで院内警察が実在しているのかについて気になっていた方はすっきりした方も多いのではないでしょうか。

院内警察というイメージしずらいお仕事ですが、実際の仕事をみてみると病院の安全へ大きく貢献していることがわかりますよね。

ドラマを見ていると若い人が多いように見えますが、やはり院内警察になる方法を見てみると現実とドラマにはギャップがあるようです。

とはいえ、日頃行っている仕事内容は大きく変わりませんのでリアルな院内警察の仕事ぶりをドラマで楽しめると思います。

今回紹介した院内交番がある病院意外にもたくさんの院内警察が働く病院がありますので、安心して治療を受けたい方はあえてその病院を選ぶのも良さそうですね。

ぜひこの記事を読み返してドラマを最大限楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント